読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mykcbのブログ

留学生活。

20 days of summer

 

ようやく荷造りが一段落して

あと数時間でプラハへ飛びます。

 

今回の帰国では

ひっそりと決めていたテーマ

 

求愛ツアー。

 

結局長いと思っていた3週間は

ビックリするほどあっという間で

 

会いたくても会えなかった人

連絡さえちゃんと出来なかった人も

沢山いてとても心苦しい。

 

でも、でも。

少しだけでも、会えた人は沢山いて

 

会えて良かったと心から思ってます。

 

 

実は心底、さみしがりやで

誰よりも人のことが大好きな私です。

 

 

そばにいたいのに

離れたくなんかないのに

また来年ね、またいつかね、じゃなくて

また近々って言いたいのに

 

それでも私は私の道を進むしかなく

ハッタリでも強がりでも、

私は大丈夫、って前を見ます。

 

 

しかたない、

私が決めた人生だから。

すべてを決めたのは私だから。

 

 

頭ではちゃんとわかっているんだけど、

 

この一番センチメンタルな夜には

やっぱり、泣いちゃうね。笑

 

 

そんなだめだめな私を

これからも生ぬるい目で見守っていてほしいなと思います。

 

私は、忘れません

大好き、愛してる。

FOR ALL OF MY FRIENDS AND FAMILIES. 

 

 

生ぬるい夜。

もう朝が来るなぁ。

 

 

スーツケースの重量超過、

おいくらかしら。。。

 


f:id:mykcb:20160918041943j:image

帰国!

本日帰国!

 

といっても20日間だけの一時帰国。

 

 

長らくあっていなかったカメラマンの友人が空港でお出迎えしてくれてた。

 

いやぁ、想像以上に照れ臭くて嬉しいものだ。。

 

実家に帰って来て、

ちなみに、今回は親には帰国を知らせてなくて、サプライズしてみたのですが。

まず、インターホンに出た父

 

カメラに写る私を確認してるのに私だと気付かず、

玄関あけて、  なんだよ。宗教の勧誘かと思った。

 

声に気づいて出てきた母  

えっ。どうしたの?

 

寝室で寝てた兄

叩き起こすも、シカト

 

猫  

隠れて出てこず

 

 

つくづく反応の薄い家族である。

サプライズのしがいがない。。

 

 

そんな、帰国一日目。。

おやすみなさい。。

 

2年目のほんき。


昨日、無事、
2回目の大学院入試を終えました。

月曜、学校のオフィスのボスに呼び出されて

おめぇ本当にチェコ語喋れるんかいなー


みたいなチェックを受けて
(オフィシャルではb2レベルが必用)

余裕っす。喋れるっす。

的な、やり取りの末
なんか認めてもらえて。笑

実は相手が何言ってるかは半分以上推測で判断してたわけですが
居酒屋で培ったコミュ力でなんとか切り抜けて


いざ実技。
こちらはまあ師匠の裏切りもあり、
弾かないと約束した曲を弾かされ
もちろん崩壊し、笑

直後はもう絶対だめだと思ったけど

なんとか合格取れました。笑


つうか弾いてるとき先生達ご飯食べてたからね。あさごはん?それあさごはん?
ってなった。
カップはカシャーーンとかするし

おまけに窓開け放してたから
ヒンデミット1楽章最後のフラジオのあと
タイミングよく外でクラクション鳴って

めっちゃ笑ってるし。



なんかまあこの一年ほーんとに
色んな事があったけど

合格ってことですべて報われた気がします


しかし


まだ通えるかは未定というね。

合格なんですが
残念ながら一位通過ではないので


コントラバスの席数によっては
足切りに合う可能性が。。


まあ、

Will see...



色々あったこの一年、
右も左も分からぬまま突入したチェコ

楽しいこともあったけど、
おんなじくらい、辛いことももちろんあって

帰りたくてしょうがなくなった時もあったし


そんなこんなでもなんとかここまでやってこれたのは

いろーーーーんな人に、
支えられてきたんだなぁと。



人を傷つけるのも
人を支えるのも、
人なんだよね。



正式な結果が出るまでは、せめてのんびりしようと思ったけど
金曜からリハ祭になるので
今日と明日お家でゆっくりしようと思います。



長い報告でした。

しゃくはちふぇすてぃばる

本日我が大学では

国際尺八フェスティバルなるものが開催されております。 

昨日から不思議なひと(何やら大荷物の日本人と着物を着た人、明らかにチェコ人顔なのにお経的なのを唱えながら歩いてるひと、など)を沢山見かけると思ったらこれか。


今日はいたるところでジャパニーズのトラディショナルな音楽が聞こえてくる。

練習の合間にカフェテリアで友人たちとまったりしていたら、

あちこちから聞こえてくる、

尺八をさらってる音。


ぴょ~ぴょ~


ぴょ~ぷぉ~ぉ~~



ただでさえチェコ語があまり分からない私にとって友人と喋る間はかなりの集中力を要するのだが



さっぱり会話頭に入ってこない。


そう、何を隠そう


苦手なのだ。尺八の音色が。


というのも、どうしても寺や墓やホラームービーを連想してしまうのである。



よほど変な顔をしていたようで
友人たちに突っ込まれたので


実はね。とカミングアウト。


チェコ人に笑われた。


日本人なのに!


って。いや、日本人だからこそだろ。





他の楽器と合奏とかなら、
あまり気にならないしいい楽器だと思うんですが


いろんな方面からさらってる音が聞こえてくると



平和なカフェテリアが一瞬にして

寺。




故郷に戻った気持ちになれていいじゃないか、
と言われたが

帰国しても寺に行くことはないし、
なんならじーちゃんの墓参りくらいしか立ち寄らない。




日本のお祭りの音楽は好きなんだけどね。。





しかしこんな東欧の土地で、
日本のトラディショナルの楽器のフェスティバルがあるなんて。

素晴らしいですね。

着物を初めて見たチェコ人はすかさず、サムライ!といっていたけど。。




ちなみに師範っぽい方は、黒の皮ジャンでロッカーみたいでかっこよかった。





まさかうちの学校でこんな日本を感じる日が来るとはねぇ。。






でもちょっと吹いてみたい。尺八。

place to be


Where should be?
Who knows. 
What can I do?
Whatever I want.
---

These are super nice words for me.
I'm feeling kinda nervous because of my exam. Well not nervous,  maybe... Like a no- motivation.. 😇 damn.
But yea, I can do whatever I want.
Such a positive thinking 💭 

Give it try!


f:id:mykcb:20160602162303j:image


Seize the day 🍀

最近のこと


どうもブログは続かないわたしです。
マメじゃないからね。仕方ないね。

最近はなかなか忙しめ。
良いのか悪いのかは、わからないけど。

今は、移動中。
最近ひとりでお酒を飲むことが多い。
決して友達がいないわけではない。

私の家の最寄り駅はバス停なんだけど
遅延もよくあるけど、一番腹立つのが

予定時刻の1分前に出発すること。

なんでなの?

そんで次のバスを待ってたら
次のバスも1分早く出発した。

Fuckers!  と言わずにはいられない。

これだからバスは嫌いなのだ。

ちなみに好きな公共交通機関ランキングは、

1位、トラム
2位、メトロ
3位、バス

まあ三種類しかないからバスは3位だけど最下位です。

プラハ内の交通はとてもシンプルです。

メトロは三本しかない。
AとBとC。
簡単。

まあでもなんだかんだ
歩くのが一番好きなんだけどね。。

撮られた


イースターも終わり、
冬時間が夏時間になって、
途端に暖かくなって、
日も長くなって、
すっかり春を感じますが、油断するとまだまだ寒いプラハです。

イースターでは、村へ行って、トラディショナルなお祝いを味わいました。

女の子は、家で待機して、
男の子は、棒を持って女の子がいる家を訪ねて歩き回り、
棒で女の子のお尻を歌いながら叩きます。

叩かれた女の子は、一年若々しく健康で、フレッシュでいられるとのこと。
んで、訪ねてきた男の子にイースターエッグやお菓子などをあげます。



f:id:mykcb:20160330032420j:image



f:id:mykcb:20160330031516j:image
f:id:mykcb:20160330031455j:image


たくさん叩かれたので、10年は若返ったと思います。


叩かれるのも飽きたので、
男性陣に混じって叩きに出掛けました。

たまごやお菓子をくれたり、
時には自家製の蒸留酒を振る舞ってくれたり。

なんやかんやでかなりの量を飲みました。。


ちなみに、しきたりでこれができるのは午前中だけ、
午後に訪ねてきた子にはバケツの水をぶっかける、らしい。


つまり午前中からしこたま酔っぱらいまして、
なかなか貴重な経験でした。。




話は変わりますが
先日朝早くからリハーサルで出掛けた帰り道に、

写真撮ってもいいですか?と声を掛けてきた方がいて、

普段、無断で写真を撮られることはあれど
丁寧に許可を求められたのは初めてだったので、

私でよければ、と快諾し、
色々と質問に答えました。


どうやら、それはhumans of pragueという、街の人を移すポートレートの企画だったらしく、
掲載され、

色んな人から、「これまゆこ?!」と、
メールがきてびっくりしました。

そこそこ、話題のサイトらしい。

掲載された写真を見たら、ねぼけた顔で、髪もボサボサで、うすら笑いを浮かべてました。


もうちょっと、いい写真、なかったのかな?