日常のチェコ

ベース弾きの生活

時には真面目な話を

 

普段大して世間を騒がすニュースには

あんまり興味がない私ですが

 

めずらしく、『?!』となったニュースが

こちら👇👇

 

https://mainichi.jp/articles/20180306/dde/012/040/004000c

 

作曲について、

またそのコンクールについて

私は詳しくないけど、

 

純粋に、演奏する側の個人的見解を述べますと、、、

 

解せぬ。

 

です。

 

まず、

演奏するための作曲ではなの?

ということ。。

 

譜面審査から演奏審査で点数に大きく違いがあったというような記述があるんですが

 

えっ。当たり前じゃない??(笑)

それはおかしいことでも何でもないと思うのですが。。

 

譜面を見てイメージする曲と

実際に演奏者が演奏する曲と

差違があるのは至って自然な事では、、?

 

まず曲を作るに当たって

いや、分からないんだけど、今まで学生時代に新曲を弾いたり色々経て思ったことだけど、

 

どの楽器が、どんな音色で、どんな風に

演奏するかって

いやもちろん、

ある程度譜面には指示があるけど、

それだけでは汲みきれない部分があるんですよね

 

で、そういう部分をこちらは

推し量り、指示を仰ぎ、飲み込んで

演奏するわけですよ。

 

それによって曲が完成する、、

と思うんだけどな。

 

例えば歴代の作曲家の作品の場合

時代背景やその他の作品などから学び

演奏スタイルや情景を演奏に組み込むじゃないですか。

 

新曲の場合、

それを作曲者に伺うことができるんですよね。

ここはどういうイメージなの?とか

微妙なニュアンスとか、とか、、。

 

このコンクールでそういうことが出来たのかは知らないけど

 

そうやって実際に演奏して

音をきいて、

曲を作り上げるものなのでは、、。

 

いやもちろん

色んな要素があるんだけど、、

(リハーサルの質、奏者の腕とか)

 

 

演奏するために作った曲を

演奏せずに審査して

一番いい曲決めます!

 

って

 

なんじゃそりゃ┐(´д`)┌

 

 

そうなったら

もし私がこのコンクールの参加者だったら

もう譜面真っ黒になるくらい

書き込む。。

イメージとか分かりやすく、書いちゃう

ワンフレーズごとに。。笑

 

 

そうせずとも譜面だけで伝えるのが

良い作曲家とするならば、、

 

まあ、、、

 

うん。。笑

 

 

いやー分からんなしかし。笑

 

 

 

久しぶりにちょっと

 

あらまー!

 

ってなったニュースでした。😷

 

 

 

 

日々精進

 

日付変わって二日前、

2月2日はプラハに来て丸々三年記念日でした👯

 

思い返せば遠い昔のようですが

まだ三年、しかしもう三年。

 

、、って毎年同じ事思ってるけど。。😃

 

ふしぎな気持ちになる。。。

来たときは20代前半で

 

気付けばアラサーに突っ込み気味。。🍃

 

 

三年かぁ。。って感じです。笑

最初のころは、自分がどこにいるのか

全然分からないような。そんな気持ちで日々過ごしてたけど

そんなセンチメンタルにももう慣れてしまって😓

強くなったのか、

鈍くなったのか。笑

 

そして今日は

はじめて、牛タンをさばいたので

牛タン記念日とします。

 

皮つきまるまんまの牛タンは

なかなかにグロテスクで写真も撮ってません。笑

 

 

やっぱり逞しくなったんだろうな笑

 

丸鶏をさばいたり

よくわからん野菜の調理法を模索したり

丸まんまのでっかいカボチャと格闘したり

 

変なひとに絡まれようと

電話口でチェコ語で捲し立てられようと

 

動じなくなった私がいます。笑

 

 

一年目は本当に毎日必死で、

二年目でやっとコツを掴んで、

三年目は結構、ゆとりを持てたかなぁー。

 

来年の今頃は何してるかな笑

 

今年は、

もう少しチェコ語がんばろうかな。笑

 

 

楽器も生活も人間も、

ちゃんと進歩していきたいですね。日々。

 

 

 

とりあえず

春が待ち遠しい🌸

 


f:id:mykcb:20180204092025j:image

毎日楽しいでしょ! というフリ。

 

留学していると、

『すごいね‼じゃあ毎日楽しいでしょ!』

 

と初対面の方に言われることが多くある。

そして毎回私はソフトに、

『辛い事もあるけどとても楽しいです』

 

と、魔女の宅急便のラスト的な答えを返す。

いや嘘ではないし平たく言えばその通りであり、故に相手の質問もその通りなのですが。。

 

他人から見たら

好きなことをやり、ヨーロッパに住み、現地に恋人もいて

=きっと毎日ハッピーに違いない!と。

 

まあそうでしょう。

私は幸せだし恵まれていると思う。

 

でもね!

毎日楽しいでしょう、と言われる度に違和感を覚えてしまう。

だからといって、楽しくない訳ではない。それは違う。

 

しかし楽しいとは一体。

好きなことをやっている、それを仕事にするということは

私にとっては幸せですが

辛いことも多く、むしろ辛いときの方が多いかもしれない。笑

 

毎日楽しいでしょう、と言ったあの人は

明日のジャガイモも買えないほどの貧乏を経験したことがあるでしょうか。

 

どうしようもないスランプに陥り、一番大切なものを手放したことがあるでしょうか。

 

 

あるかもしれないし、ないかもしれない。

人の人生なんて分からん。

 

その人にしか分からない苦労はある。

 

楽しそうだね、と言うのと

楽しいでしょう。というのは

 

似ているようで違うニュアンスを孕んでいる。

後者は断定的であり答える側が否定をするのは難しい。だって楽しいでしょう、って言われて全然楽しくないです!とは言えないよね笑

 

 

とはいえ私もうっかりそういうことを

口にしてしまうこともきっとある。何気なく。

気を付けたいね。

自分の定規で他人の人生は測れないのだよ。

 

 

 

で、今が楽しいかどうかは

また別のはなし😊笑

 

 

 

la la land

最近はよく映画を見ている気がする~!

 

昨日は噂のLa La Land !

 

良かったなー

思ったより、全然!笑

 

しかしまあ何か色々突き刺さったね笑

強くならなきゃなー私も。笑

 

とりあえずミア可愛い。

ミアって名前の登場人物はいつも可愛いんだ~!

 

 

しかし英語スキルももっと上げたいね。

発音も悪いしな~。

ちゃんと勉強しなきゃね。

 

まあその前にチェコ語!はー。

 

 

最近私の人生は結構幸せな方向に、

回り始めたんじゃ無いかとおもう。

 

流れに身を投じてみようじゃないか!

バチが当たりませんように。

 

 


f:id:mykcb:20170315044727j:image

3.11

もう6年なのか

まだ6年なのか。

 

忘れられないし、

忘れてはいけないと思う。

 

 

今そばにあるものは、

大事にしないといけないんだな。

 

その暖かさはきっと、

永遠じゃないから。

 

 

忘れないでいたい。

当たり前の日常があることは、

すごく幸せなことなんだ。

 

 

夜が来て朝が来ることも

当たり前なはずで、

すごくいいことなんだな。

 

だから私は、

今手の中にあるものは全部ちゃんと、

大事にしたいと思う。

 

 

愛したいたんだっけ?

 

今日はアナと二人で、めずらしく

ずっと二人で遅くまで飲んでて

 

すごい良かった。

私達は似てるかもしれないね。

 

秘密を話して、それで

相手が私の秘密を知っていることを、

受け入れることが出来て初めてちゃんと

友達になれるんじゃないかな。

 

 

恋人ともそうやって、

上手くやれればいいのにね。 

なんてね。笑

 

 

詩を書き初めて

飲み終わるまでに一曲出来た。

結構、いい歌だと思う!

 

 

私達は結構、いいアーティストだ笑

 

 

 

私達がカフェで飲んだり、話してたり、

授業してたりすると、今のところ百パーセント話し掛けられる。

 

何語話してるの?何人?って。

ブロンドでショートのアナと

黒髪ロングのアジア人が

仲良くペチャクチャやってるのはどうも、

目立つみたい。笑

 

 

今日はバレンタインデーだからって、

帰り際に知らない酔っ払いにテキーラ奢ってもらった😅

 

 

こうやって女同士で

ふらふら遊ぶのは危なくて楽しい。

 


f:id:mykcb:20170214112706j:image

 

 

 

長い旅

 

先日、小学校の同級生がプラハに来てた。

同級生といっても小学校四年生で彼は転校して、当時の記憶にはあまり残ってないけど

プラハへ発つ直前の同窓会で再会して

なんだかんだと意気投合して、そこから出発までの1ヶ月弱、よく散歩に出掛けたり飲んだりした。もう2年前。。

 

以前にもプラハへ来てくれて、散歩して

その後私が帰国時にも飲みに行って散歩をした。

 

今回は彼も同行者がいたし、

散歩するには寒過ぎるので散歩には行かなかった。

そのせいか、何故か話したりない感じがある。笑

 

不思議なもので、付き合いはさほど長いとは言えないのに

いつも別れるときは泣きそうになる。

彼は出発前にいい本を貸してくれた。旅立つ私にとっておきの本。

 

そして今回もまた、彼にとって大切であろう本を貸してくれた。

これを読んで私はまた泣くのでしょう。笑

 

 

チェコで一番の友人のアナとイゴルも、

この春に日本に留学することが決まってて

 

 

最近しょっちゅうつるんでて

毎日楽しくて幸せだけど、

 

もうすぐ来る別れを思うと寂しくて仕方がない。

 

別にまた絶対に会えるし、

彼等と日本で会うのもとても楽しみだけど

 

 

私はここにいて、

なんだかな。

 

 

故郷は遠いようで近くて、

でも思っているよりもずっと遠い。

 

 

さよならだけが人生ならば

また来る春は何だろう

 

これはその借りてた本の一節で

私にとって凄く、重く心にのし掛かってきた言葉。

 

 

 

ふと立ち止まったときに、

自分が何なのか、どうしてここにいるのか、

分からなくなるときがある。

きっと今は私の人生の、旅なんだな。

 

 

 

ここへ来て、色んな人に出会って

それは私の人生の財産だと思う。無くなることがない財産。

 

 

これからも私は、

私として生きていこう。

 

 

と、何となく思った。

 

大好きな人たちと、離れても、

また胸はって会いに行けるように。

 

 

 


f:id:mykcb:20170110111226j:image

 


f:id:mykcb:20170110111336j:image